食品添加物の魔法

◇トッピクス◇

スーパーなどの太巻き寿司には驚くほどの食品添加物が、その危険性は…

コンビニやスーパー、百貨店のお惣菜売り場でよく見かける太巻き寿司、 しかし、この太巻き寿司にもまた、驚くほどの食品添加物が含まれています。具沢山で健康に良いな、と思って太巻き寿司を買うと、何と、おかずの種類に比例して、 カラダの中に入る食品添加物も増えてしまうのです…


おかわり自由コーヒーのカラクリ、リン酸塩の食品添加物で3倍に...

食品添加物のリン酸塩が増量剤として混ぜられているのです。リン酸塩のとり過ぎは、体の治癒力や免疫力が低下する恐れがあり要注意です。ところが、何倍も作ることができる代わりに、コーヒー独特の苦味と香りがなくなってしまい、また食品添加物の助けを借りることとなります...


缶詰みかんの作り方の秘密、食品加工の強い味方『塩酸』

缶詰のみかんの加工製造の過程で、塩酸が使われているということはご存知でしたか? あの劇薬の塩酸です。しかし何故か缶詰のみかんの原材料の処には塩酸の表示がありません、実はカラクリがあるのです…


スポンサード・リンク



人工甘味料で"元気な精子"激減/日本薬学会のショッキング報告

「清涼飲料水などに使われているノンカロリー人工甘味料で"元気な精子"が減る」 こんなショッキングな実験結果が日本薬学会で発表されました。問題の人工甘味料は「アスパルテーム」砂糖の180~220倍の甘さがあり、使用量が砂糖の約1/200で済むことからダイエットタイプのコーラや食品等の他、糖尿病患者の治療食品にも利用されています...


亜硝酸ナトリウム(発ガン物質ニトロソアミンを作り、急性毒性も強い)

ハムなどの肉製品によく使われる食品添加物です。亜硝酸ナトリウムは、肉や魚に含まれるアミノ酸と反応し、 強い発ガン性物質ニトロソアミンを作リます。中毒例を元に人に対する致死量を推定すると、0.18~0.25gとなります。 猛毒の青酸カリの人に対する致死量は0.15gなので、仮に亜硝酸ナトリウムの致死量を0.18gとした場合、 猛毒の青酸カリウムと同じレベルの毒性を持つことになります…


フXXXミニに含まれる色素は虫由来、食品添加物とその危険性

食物繊維が豊富というキャッチフレーズで販売されているO製薬のフXXXミニ。うすい綺麗なオレンジ色でいかにもヘルシーに見えるのですが、中に自然系とは言え、虫から抽出されて着色剤が入っているんだ、と知ったらどうするでしょうか。あのきれいなオレンジはコチニール色素が含まれているからです。確かに天然の色素なのですが、実はサボテンに寄生する虫(カイガラ虫科のエンジムシ)を…


成型ステーキと食品添加物

ファミリーレストランなどの安いステーキは、ハラミ肉や 食肉加工の際に生じるカット屑肉を貼り合せて作られているものが多いそうです。いわゆる「成型ステーキ」です。まず、屑肉やハラミ肉は硬くてそのままでは食べられないので、タンパク質分解酵素でやわらかくします…

食べてはいけない!マーガリンとショートニング、トランス脂肪酸は毒...

2012年7月20日 15:00 | コメント(0) | トラックバック(0)

雪印にしても明治にしてもマーガリンのパッケージの原材料名をみると、

・植物油脂、食用精製加工油脂、食塩
・粉乳、乳化剤、香料、着色料(β-カロチン)、その他

となっています。

植物性だからヘルシーとつい思いがちですが、
実はマーガリンに含まれている脂肪はトランス脂肪酸と呼ばれるもので、
これが私達にとって毒物なのです。

オランダでは、トランス型脂肪酸を含む油脂製品が販売禁止、
デンマークもまた毒物扱いとされ禁止されています。


「医学常識はウソだらけ」の著者三石 巌氏は、

・バターの代用品であるマーガリン と
・ラードの代用品であるショートニング は

健康のために「食べてはいけない」と断言されます。


「豊かさの栄養学」の著者丸元 淑生氏も警告しておられ、
マーガリンは既に、ヨーロッパでは販売中止、製造禁止している国もあります。

smile06.jpg

マーガリンやショートニングの原料となる魚の脂肪や植物油は、常温では液体です。

そのままではバターやラードの代用品にすることが出来ませんので、
水素を添加して融点を上げ、常温でも固まるようにしたのが
マーガリンやショートニングなのです。

こうして、人間が作り出した脂肪酸はトランス型脂肪酸と言われます。


脂肪酸の分子の形が変わるため、
体内でプロスタグランディンを作れなくなることが有害性を生む要因の一つです。

プロスタグランディンとは、
血圧や血液の粘度などさまざまな体機能を微調節するホルモンです。

不足すると喘息や脳梗塞などにもつながる、きわめて重要な物質で、
例えば、陣痛が起きるべき時になるとプロスタグランディンが体内で作られるのです。


トランス型脂肪酸を多く含んだ食事は、LDLコレステロールと中性脂肪を増加させ、HDLコレステロールを減少させます。

心臓病のリスクを下げるには飽和脂肪酸(動物性脂肪)を減らすだけではダメで、
トランス型脂肪酸も減らさなくてはならないことが分ってきています。

ハーバード大学の栄養学、疫学教授で栄養学科学科長のウォルターC・ウィレットが算出した数字は、心臓病で早死した人の7%はトランス型脂肪酸によるものとしています。


また、妊娠中、授乳期の食事の内容が赤ちゃんの成長に大きな影響を及ぼすのですが、
マーガリンや揚げ物など、トランス型脂肪酸を含んでいるものを食べると
赤ちゃんの成長が遅れることも分かってきています。

margarin02.jpg

トランス型脂肪酸の問題点は、
現代の食生活の中で1日に十数グラム以上という単位で体内に多量に入ってくることで、食品添加物は多くて何ミリグラムの単位であることからも分かることです。

これだけの量の異物を体内に取りこみつづけるような経験は、
人類の歴史上なかったことです。


トランス型脂肪酸は、

・加工されたチーズ、揚げた食品、ベイクされた食品
・調理済の食品、パン、クッキー、ケーキ、スナック菓子
・ポテトチップスなどのチップス類、クラッカーなどのパッケージ食品
・サラダ油そしてファーストフード

などから摂取されます。


また、マーガリンを加熱調理に使いますと余計にトランス型脂肪酸が増るので、調理に使うなら酸化しにくい飽和脂肪で出来ているバターの方が望ましいと言われています。


この水素添加技術による最初の商品が発売されたのは1911年で、
それが健康上の深刻なリスクファクターであることがわかるまでに80年という歳月を要しました。

そしてさらに10年後の現在もマーガリンとショートニングは使われつづけ、食しているのが日本です。

しかし海外では、特にオランダはトランス型脂肪酸を含む油脂製品が販売禁止、デンマークもまた毒物扱いとされ禁止されています。

このようなものが販売されているのは日本政府の怠慢によるものです。

スポンサード・リンク

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

脱脂大豆からハム、ベーコン、ハンバーグなどの肉類を作る
大豆の用途で圧倒的に多いのが、食用油を搾ることです。 食用油を搾るには...
食べてはいけない!マーガリンとショートニング、トランス脂肪酸は毒...
雪印にしても明治にしてもマーガリンのパッケージの原材料名をみると、 ・植物油脂、...
くすんだレンコンも食品添加物で漂白、真っ白に!
スーパーのお惣菜売り場で見られるレンコンの酢の物や鮮魚売り場でお刺身と一緒になっ...
リンゴからイチゴジャムの不思議と食品添加物
リンゴからイチゴジャムが作られる、そんな魔法みたいなことなんて、お聞きになったこ...
マーガリンって、ヘルシーなイメージがあるんだけど...ヨーロッパでは毒物扱い!
バターの代用品としてのマーガリン。 植物油脂100%を謳った銘柄も多く、ヘルシー...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tenka99.com/mt/mt-tb.cgi/130

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

●一押しリンク
1.砂糖は現代の麻薬!?.com
砂糖は現代社会の麻薬のようです。 砂糖のとり過ぎは万病の元となり、心も体も狂わせてしまいます。 砂糖のとり過ぎで起こる可能性のある疾患は、糖尿病、低血糖症、リウマチなど膠原病、 子宮筋腫、月経困難、不妊、奇形出産、うつ病や不安障害等、 砂糖のとり過ぎに注意しましょう。

2.毒出し・デトックス健康法.com
毒だし・デトックスで健康維持・増進! 細胞レベルできれいに毒だし!病気とは無縁の人生を…

3.薬草のパワーと自然療法.com
薬草のパワーと自然療法、食養生で難病も治そう!お手当法や玄米自然菜食、食養生の実際や薬草、野草の持つパワーをご紹介します。副作用のない自然療法の卓効に注目!

4.マクロビオティック健康法ガイド.com
食養生が人生成功の秘訣!食がコントロールできれば、人生はコントロールできます。 マクロビオティック健康法で健康増進! マクロビは日本生まれの最先端食養生、無理なくデトックス、ダイエット若返りも出来ます。

5.ナチュラル・ハイジーンで健康革命、超健康.com
ナチュラル・ハイジーン(生命法則に基づいた食習慣、ライフスタイル)で健康革命、超健康を!

6.東京スカイツリー(新東京タワー)と電磁波健康問題
放送タワーや携帯電話などからの電磁波によるガンなどの健康問題が危惧されます。 育ち盛りの子供たちが携帯電話を常用すべきではありません。

7.子供すこやか食の安全・安心.com
子供の心身のすこやかな成長のためには、食の安全・安心が不可欠です。私たちが気付かされていない、知らされていない食品添加物や農薬の危険性、食育や食の安全・安心の盲点に迫ります。

8.新谷食事健康法で健康増進.com
よい胃相・腸相を保つことが健康の秘訣。胃腸内視鏡の世界的第一人者新谷弘美先生が勧める新谷食事健康法で超健康。30万例以上の胃腸内を診てきて40年間死亡診断書を書かなかった実績に基づく

9.ホリスティック・統合医療のすすめ.com
統合医療とは、現代西洋医学とそれ以外の東洋医学や代替医療、自然療法を個々の患者に合わせて統合的に扱う医療のことです。21世紀の医療、統合医療について第三者的にまとめました。

10.原発がどんなものか知って欲しい、原発の安全神話を検証する
原発は安全であると私たちは洗脳されていたようです。福島第一原発の大災害で原発安全の神話は崩壊しました。 原発がどんなものか、放射能・放射線の危険性、放射性廃棄物の処理などその安全神話を検証します。

11.自然療法が健康回復の近道.com
不健康な食習慣に主として起因するガン、高血圧、糖尿病などの生活習慣病は 対症療法が主体の現代西洋医学では不得手な分野です。根本的な治癒の為には、急がば廻れ、食の根本的改善を図る自然療法が近道です。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最近のフォト

  • 骨なし魚のカラクリ
  • 合成ビタミンC、飲んで健康になるか?
  • 安い厚焼き玉子には出目が分からない「冷凍液卵」を使用されている...
  • ビーフジャーキーはあらゆる添加物で作られた合成肉
  • ミートボール、肉団子もソースも添加物のオンパレード
  • ウィンナー、食卓に載せるのは程々に
  • 食品添加物の表示のルール
  • 食品添加物の表示免除について
  • 食品添加物の種類、品目数

プロフィール

kumano01.jpg


【名前】K.Kumano

【関心】食と健康&自己実現の希求

【AGE】 62歳

【経歴】大阪大学工学部卒

・石川島播磨重工業㈱勤務後、故郷の北陸福井にUーターン

・県内の染色系企業を経営するが、事情により企業から離脱

・『食と健康、食と子供の非行等』との深い関係に関心を持ち、2007/6~2008/7の間、クシマクロビ・スタンダードコースを北陸福井から大阪まで通い受講する。

・欧米化され過ぎた現代の日本食に警笛をならし続けている。

お問い合わせメールフォーム
FX人気ランキング