身近にある超危険!食品添加物ベスト10

◇トッピクス◇

スーパーなどの太巻き寿司には驚くほどの食品添加物が、その危険性は…

コンビニやスーパー、百貨店のお惣菜売り場でよく見かける太巻き寿司、 しかし、この太巻き寿司にもまた、驚くほどの食品添加物が含まれています。具沢山で健康に良いな、と思って太巻き寿司を買うと、何と、おかずの種類に比例して、 カラダの中に入る食品添加物も増えてしまうのです…


おかわり自由コーヒーのカラクリ、リン酸塩の食品添加物で3倍に...

食品添加物のリン酸塩が増量剤として混ぜられているのです。リン酸塩のとり過ぎは、体の治癒力や免疫力が低下する恐れがあり要注意です。ところが、何倍も作ることができる代わりに、コーヒー独特の苦味と香りがなくなってしまい、また食品添加物の助けを借りることとなります...


缶詰みかんの作り方の秘密、食品加工の強い味方『塩酸』

缶詰のみかんの加工製造の過程で、塩酸が使われているということはご存知でしたか? あの劇薬の塩酸です。しかし何故か缶詰のみかんの原材料の処には塩酸の表示がありません、実はカラクリがあるのです…


スポンサード・リンク



人工甘味料で"元気な精子"激減/日本薬学会のショッキング報告

「清涼飲料水などに使われているノンカロリー人工甘味料で"元気な精子"が減る」 こんなショッキングな実験結果が日本薬学会で発表されました。問題の人工甘味料は「アスパルテーム」砂糖の180~220倍の甘さがあり、使用量が砂糖の約1/200で済むことからダイエットタイプのコーラや食品等の他、糖尿病患者の治療食品にも利用されています...


亜硝酸ナトリウム(発ガン物質ニトロソアミンを作り、急性毒性も強い)

ハムなどの肉製品によく使われる食品添加物です。亜硝酸ナトリウムは、肉や魚に含まれるアミノ酸と反応し、 強い発ガン性物質ニトロソアミンを作リます。中毒例を元に人に対する致死量を推定すると、0.18~0.25gとなります。 猛毒の青酸カリの人に対する致死量は0.15gなので、仮に亜硝酸ナトリウムの致死量を0.18gとした場合、 猛毒の青酸カリウムと同じレベルの毒性を持つことになります…


フXXXミニに含まれる色素は虫由来、食品添加物とその危険性

食物繊維が豊富というキャッチフレーズで販売されているO製薬のフXXXミニ。うすい綺麗なオレンジ色でいかにもヘルシーに見えるのですが、中に自然系とは言え、虫から抽出されて着色剤が入っているんだ、と知ったらどうするでしょうか。あのきれいなオレンジはコチニール色素が含まれているからです。確かに天然の色素なのですが、実はサボテンに寄生する虫(カイガラ虫科のエンジムシ)を…


成型ステーキと食品添加物

ファミリーレストランなどの安いステーキは、ハラミ肉や 食肉加工の際に生じるカット屑肉を貼り合せて作られているものが多いそうです。いわゆる「成型ステーキ」です。まず、屑肉やハラミ肉は硬くてそのままでは食べられないので、タンパク質分解酵素でやわらかくします…

スポンサード・リンク


【用途】

亜塩素酸ナトリウム
は、

・生食用野菜類、柑橘類果皮(菓子製造用)、卵類(卵殻の部分)
・さくらんぼ、ふき、ぶどう、もも等

の食品を漂白するために用いられる他、

・チフス菌、大腸菌、ブドウ球菌、サルモネラ菌

などに対する除菌効果があります。

乳製品製造を初め各種食品の製造加工において装置や器具の除菌、プ-ル水、浴場水、下水、器具など水の除菌に用いられます。


亜硫酸ナトリウムは、

・かんぴょう、乾燥果実(干しブドウを除く)、コンニャク粉
・ゼラチン、ワイン、キャンデットチェリー、糖化用タピオカ、デンプン
・甘納豆、煮豆、エビ、ビールのホップ

など漂白と保存の目的で使用され、
また、ワインには酸化防止剤として使用されます。

対象食品は決められていますが、非常に多くあります。

wine051.jpg

【用途】

数の子の漂白に用いられ、その他の食品には使われていない模様。

【注意点】


過酸化水素は、オキシフルとして傷口の消毒や殺菌に使用されている薬剤であり、強力な殺菌力がありますが、ラットによる試験では十二指腸にがんの発生を確認しています。

かつて過酸化水素は、

・うどんやソバのゆでめん
・かまぼこなどの魚肉練り製品

に漂白剤または殺菌剤として用いられていました。

1,980 年1 月11 日、厚生省は突然、「殺菌料の過酸化水素は発がん性があることが解ったので、食品に可能な限り使用しないように」という通達を食品加工業者に出しました。
kazunoko021.jpg
次亜塩素酸ナトリウム  危険度5

【用途】


果実や野菜、海藻、しなちくなど食品や水道水の殺菌に使用されるほか、
各種食品の製造過程で装置や器具の消毒に使用され、また、
漂白の目的でも使用されます。

【注意点】

次亜塩素酸ナトリウムは、全食品添加物の中で、最も急性毒性が強いにも関らず、使用しても最終食品には残らないという理由で加工助剤とみなされ、表示が免除されている点にあります。

加工食品が私たちの口に入る前に、
次亜塩素酸ソーダが完全に分解されていれば良いのですが、
回転寿司の寿司ネタやしなちく、海藻などに残留した例があるとのことで、
厚生労働省の表示免除の方針は明らかにおかしいと考えられます。


また、次亜塩素酸ナトリウムを常用する洗濯業者に皮膚炎が見られた
という報告もあります。

cut-yasai041.jpg

■ソルビン酸、ソルビン酸カリウム

【用途】


・ハム、ソーセージ、かまぼこ、ちくわ、はんぺん
・漬け物、イカの燻製、ワイン

など非常に幅広い食品を加工する際に使用され、
細菌やカビの増殖を抑えて食品の腐敗を防ぐ保存料です。

wine03.jpg

【用途】

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)は、油脂、バター、魚介乾製品、魚介冷凍品などに使用される酸化防止剤です。

BHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、油脂、バター、魚介冷凍品(生食用冷凍鮮魚介類および生食用冷凍カキをのぞく)、鯨冷凍品(生食用冷凍鯨肉をのぞく)、魚介乾製品、魚介塩蔵品、チューインガム、乾燥裏ごしいもに使用される酸化防止剤です。

ポリプロピレンなどのブラスチック製品(カップ麺のカップ等)、石油製品の安定剤としても広く使用されており、BHT がこれらの製品から食品に移るという問題点が指摘されています。

またBHT は、飼料添加物としては、動物性油脂などの酸化防止の目的で使用されています。

cup-men02.jpg


安息香酸、安息香酸ナトリウムは

・清涼飲料水、栄養ドリンク、シロップ、普通の醤油や酢
・果実ペースト、果汁、キャビア、マーガリン、シャンプー

などに用いられる保存料で、細菌やカビの増殖を抑えて、
食品や清涼飲料水などが腐るのを防ぎます。

以下、注意すべきポイントや人体への影響や危険性について
「食品添加物の危険度がわかる事典」渡辺 雄二著
"安息香酸、安息香酸ナトリウム"よりご紹介します。

D1000017.JPG

これ高いんだ、でもやっぱし入ってた...

【用途】

だしの素、漬物、インスタントラーメン、かまぼこ、ソーセージ、ポテトチップス、せんべいなどほとんどの加工食品・調味料に非常に広く使用されています。

【注意点】

うまみの成分はグルタミン酸ナトリウム(MSG)という化学物質で、これは天然のものにも多く含まれています。昆布や鰹節、しいたけに含まれる「うまみ成分」はMSG です。

しかし、天然のものとはいえ大量に摂取すると身体に異変が起こり、顔がしびれたりひどいときは呼吸困難になったりします。

1,960 年代に中華料理を食べた少数のアメリカ人が食後に炎症を覚え、眠気、顔面の紅潮、掻痒感、頭痛、体の痺れそして軽度の背中の無感覚などの症状が見られたことから、中華料理は特にMSG を大量に使うので中華料理を食べつづけるとなりやすいということで、中華料理店症候群(CRS)と名付けられました。

「日本うま味調味料協会」は、外部機関の様々な検証によって中華料理症候群は根拠のない中傷と結論付けたそうですが...。

アメリカでは離乳食に使用禁止されています。

ajinomoto05.jpg


【用途】 

グレープフルーツ、レモン、オレンジ、バナナ等アメリカなどから船で輸送されてくる輸入柑橘類・果物の腐敗やカビの発生を防ぐために、果実の表面に塗布されています。 

ポスト・ハーベスト農薬として、収穫後輸出される輸送途中の果物のカビを防ぐため、防カビ剤が使用されています。 

【注意点】 

日本では、収穫後のこのようなポスト・ハーベスト農薬は認められていませんが、輸入の際、OPP やTBZ などが食品添加物としてその使用が認められています。 

P(オルトフェニルフェノール)は、本来農薬であり、1,955 年農林省に登録され、殺菌剤としての使用は認められていたが、1,969 年に登録は失効し、農薬としての使用は禁止されたのです。

ところが、1,977 年に厚生省は食品添加物としての使用を認めました。背景には貿易赤字に苦しんでいたアメリカからの強硬な圧力がありました。 

TBZ が食品添加物に指定されたのは、1,978 年のことです。OPP と同様にアメリカ側の圧力によるものでした。 

柑橘類への使用は、ワックスに混ぜて収穫後の果実を浸漬するのが一般的であり、バナナには、溶液に浸漬するか、スプレーする方法がとられています。

lemon05.jpg

亜硝酸ナトリウム

【用途】


食肉製品(ハム・ベーコン・サラミ・ウインナーソーセージなど)、鯨肉ベーコン、魚肉ソーセージ、魚肉ハム、イクラ、スジコ、タラコ(明太子を含む)などに発色剤として使用されます。

肉製品や魚卵などが黒ずむのを防ぎ、ピンクの状態に保ちます。

肉は空気中に放置しておくと変色してしまいます。色の悪いハムやソーセージでは売れないだろうという大手メーカー側の勝手な考えで、この亜硝酸ナトリウムが添加されています。

発色剤としてこの亜硝酸塩を肉に含まぜると、いつまでたってもピンク色のままになるのです。

【注意点】

食品添加物の中では、急性毒性が非常に強く、魚肉・魚卵・食肉などに含まれるアミンと胃の中で結合して、発がん性物質のニトロソアミンに変化します。

日本人に胃がんが多いのは、ニトロソアミンが原因ではないかとの指摘もあるほどです。


gyoniku-soseiji01.jpeg

タール色素

【用途】

・清涼飲料水、冷菓、お菓子、洋酒、漬け物
・たらこ、かまぼこ、たこ、ハム、ソーセージ
・ジャム、つくだ煮、医薬品

などに使用されています。

安く売られている漬物、ハム、ソーセージなどには必ず含まれていると考えた方が無難でしょう。

タール色素には発がん性があります。

発がん性のあるものが医薬品に使われているとは、驚きを通り越して唖然としてしまいます。


【注意点】


タール色素としては、赤色2号・赤色3号・赤色102号、黄色4号・黄色5号、青色1号・青色2号などがあります。

タール色素は、当初コールタールから化学合成されてのでこの名前がついています。
今は石油製品を原料として合成されています。

タール色素は化学構造上、すべて発がん性や催奇性の疑いがあり、発がん性などの理由で使用禁止になったものは、赤色4号・赤色5号、黄色1号、緑色1号など17品目にも上ります。

北欧では禁止されているタール色素が、日本では11種も使用されています。

赤色2号・赤色3号・赤色102号・赤色104号・赤色105号・赤色106号、黄色4号・黄色5号、緑色3号、青色1号・青色2号です。

米国では赤色2号が使用禁止です。

北欧や米国では使用禁止となっているものが、何故日本では食品添加物として認められているのでしょうか?

全く不可解です。


黄色4号は、人間にジンマシンを起すことが知られており、アレルギーの原因物質なので花粉症やアトピーの人は特に注意しましょう。

takuwan05.jpg

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

●一押しリンク
1.砂糖は現代の麻薬!?.com
砂糖は現代社会の麻薬のようです。 砂糖のとり過ぎは万病の元となり、心も体も狂わせてしまいます。 砂糖のとり過ぎで起こる可能性のある疾患は、糖尿病、低血糖症、リウマチなど膠原病、 子宮筋腫、月経困難、不妊、奇形出産、うつ病や不安障害等、 砂糖のとり過ぎに注意しましょう。

2.毒出し・デトックス健康法.com
毒だし・デトックスで健康維持・増進! 細胞レベルできれいに毒だし!病気とは無縁の人生を…

3.薬草のパワーと自然療法.com
薬草のパワーと自然療法、食養生で難病も治そう!お手当法や玄米自然菜食、食養生の実際や薬草、野草の持つパワーをご紹介します。副作用のない自然療法の卓効に注目!

4.マクロビオティック健康法ガイド.com
食養生が人生成功の秘訣!食がコントロールできれば、人生はコントロールできます。 マクロビオティック健康法で健康増進! マクロビは日本生まれの最先端食養生、無理なくデトックス、ダイエット若返りも出来ます。

5.ナチュラル・ハイジーンで健康革命、超健康.com
ナチュラル・ハイジーン(生命法則に基づいた食習慣、ライフスタイル)で健康革命、超健康を!

6.東京スカイツリー(新東京タワー)と電磁波健康問題
放送タワーや携帯電話などからの電磁波によるガンなどの健康問題が危惧されます。 育ち盛りの子供たちが携帯電話を常用すべきではありません。

7.子供すこやか食の安全・安心.com
子供の心身のすこやかな成長のためには、食の安全・安心が不可欠です。私たちが気付かされていない、知らされていない食品添加物や農薬の危険性、食育や食の安全・安心の盲点に迫ります。

8.新谷食事健康法で健康増進.com
よい胃相・腸相を保つことが健康の秘訣。胃腸内視鏡の世界的第一人者新谷弘美先生が勧める新谷食事健康法で超健康。30万例以上の胃腸内を診てきて40年間死亡診断書を書かなかった実績に基づく

9.ホリスティック・統合医療のすすめ.com
統合医療とは、現代西洋医学とそれ以外の東洋医学や代替医療、自然療法を個々の患者に合わせて統合的に扱う医療のことです。21世紀の医療、統合医療について第三者的にまとめました。

10.原発がどんなものか知って欲しい、原発の安全神話を検証する
原発は安全であると私たちは洗脳されていたようです。福島第一原発の大災害で原発安全の神話は崩壊しました。 原発がどんなものか、放射能・放射線の危険性、放射性廃棄物の処理などその安全神話を検証します。

11.自然療法が健康回復の近道.com
不健康な食習慣に主として起因するガン、高血圧、糖尿病などの生活習慣病は 対症療法が主体の現代西洋医学では不得手な分野です。根本的な治癒の為には、急がば廻れ、食の根本的改善を図る自然療法が近道です。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最近のフォト

  • 亜塩素酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウム  殺菌・漂白剤、表示免除が怖い!
  • 過酸化水素(漂白剤、表示免除となるのが怖い!) 完全に除去されてるか疑問...
  • 次亜塩素酸ナトリウム  (殺菌料、急性毒性が強いにも関らず表示免除!)
  • ソルビン酸、ソルビン酸カリウム(保存料、亜硝酸ナトリウムと一緒にとると発ガン性のリスク)
  • BHA/BHT(酸化防止剤、発がん性の疑いがあります) 欧米からの圧力で...
  • 安息香酸、安息香酸ナトリウム(栄養ドリンクや清涼飲料水に添加されることが多い発ガン性のある保存料、)
  • グルタミン酸ナトリウム(多量に取ると、頭痛、メマイ、シビレなどの危険性が...)
  • OPP、OPP-Na、TBZ(チアベンダゾール)は輸入柑橘類・果物などに利用される 防カビ剤)
  • 亜硝酸ナトリウム(発色剤)  発がん物質ニトロソアミンを作り、急性毒性は青酸カリ並み!
  • タール色素(発ガン性のもの多くキレにも一役)  北欧では禁止されているのが多い

プロフィール

kumano01.jpg


【名前】K.Kumano

【関心】食と健康&自己実現の希求

【AGE】 62歳

【経歴】大阪大学工学部卒

・石川島播磨重工業㈱勤務後、故郷の北陸福井にUーターン

・県内の染色系企業を経営するが、事情により企業から離脱

・『食と健康、食と子供の非行等』との深い関係に関心を持ち、2007/6~2008/7の間、クシマクロビ・スタンダードコースを北陸福井から大阪まで通い受講する。

・欧米化され過ぎた現代の日本食に警笛をならし続けている。

お問い合わせメールフォーム
FX人気ランキング