鮮魚・水産加工と食品添加物

◇トッピクス◇

スーパーなどの太巻き寿司には驚くほどの食品添加物が、その危険性は…

コンビニやスーパー、百貨店のお惣菜売り場でよく見かける太巻き寿司、 しかし、この太巻き寿司にもまた、驚くほどの食品添加物が含まれています。具沢山で健康に良いな、と思って太巻き寿司を買うと、何と、おかずの種類に比例して、 カラダの中に入る食品添加物も増えてしまうのです…


おかわり自由コーヒーのカラクリ、リン酸塩の食品添加物で3倍に...

食品添加物のリン酸塩が増量剤として混ぜられているのです。リン酸塩のとり過ぎは、体の治癒力や免疫力が低下する恐れがあり要注意です。ところが、何倍も作ることができる代わりに、コーヒー独特の苦味と香りがなくなってしまい、また食品添加物の助けを借りることとなります...


缶詰みかんの作り方の秘密、食品加工の強い味方『塩酸』

缶詰のみかんの加工製造の過程で、塩酸が使われているということはご存知でしたか? あの劇薬の塩酸です。しかし何故か缶詰のみかんの原材料の処には塩酸の表示がありません、実はカラクリがあるのです…


スポンサード・リンク



人工甘味料で"元気な精子"激減/日本薬学会のショッキング報告

「清涼飲料水などに使われているノンカロリー人工甘味料で"元気な精子"が減る」 こんなショッキングな実験結果が日本薬学会で発表されました。問題の人工甘味料は「アスパルテーム」砂糖の180~220倍の甘さがあり、使用量が砂糖の約1/200で済むことからダイエットタイプのコーラや食品等の他、糖尿病患者の治療食品にも利用されています...


亜硝酸ナトリウム(発ガン物質ニトロソアミンを作り、急性毒性も強い)

ハムなどの肉製品によく使われる食品添加物です。亜硝酸ナトリウムは、肉や魚に含まれるアミノ酸と反応し、 強い発ガン性物質ニトロソアミンを作リます。中毒例を元に人に対する致死量を推定すると、0.18~0.25gとなります。 猛毒の青酸カリの人に対する致死量は0.15gなので、仮に亜硝酸ナトリウムの致死量を0.18gとした場合、 猛毒の青酸カリウムと同じレベルの毒性を持つことになります…


フXXXミニに含まれる色素は虫由来、食品添加物とその危険性

食物繊維が豊富というキャッチフレーズで販売されているO製薬のフXXXミニ。うすい綺麗なオレンジ色でいかにもヘルシーに見えるのですが、中に自然系とは言え、虫から抽出されて着色剤が入っているんだ、と知ったらどうするでしょうか。あのきれいなオレンジはコチニール色素が含まれているからです。確かに天然の色素なのですが、実はサボテンに寄生する虫(カイガラ虫科のエンジムシ)を…


成型ステーキと食品添加物

ファミリーレストランなどの安いステーキは、ハラミ肉や 食肉加工の際に生じるカット屑肉を貼り合せて作られているものが多いそうです。いわゆる「成型ステーキ」です。まず、屑肉やハラミ肉は硬くてそのままでは食べられないので、タンパク質分解酵素でやわらかくします…

お刺身盛り合わせは、生鮮品ではない!?エッ?お刺身に食品添加物が暗躍

2016年5月 6日 15:59 | コメント(0) | トラックバック(0)
刺身の一点盛りは生鮮食品、煮たり焼いたりしない刺身でも二点盛り以上は「加工食品」の分類になる、おかしな法律があります。

タイだけ、マグロだけの一種類の刺身は「生鮮食品」ですが、でも二点盛り以上の魚介類の盛り合わせは、「加工品」となります。

ただし、マグロの赤身とトロは、同じマグロなので、「生鮮食品」です。

生鮮食品は、原産地を表示しなければなりません。

魚介類つまり水産品ならば、国産の場合は、生産した水域名、それが不明の場合は水揚げ港(または港の属する都道府県名)、養殖の場合は養殖地の属する都道府県名、輸入品は原産国名など、さらに「解凍」「養殖」なども表示をする必要があります。

osashimi04.jpg

ところがお刺身の盛り合わせは、「加工食品」になるので、産地などは原則として表示しなくてもよいのです。単品では表示するのに、複数になるとしなくてよいとは、不思議な感じがします。

刺身盛り合わせに表示義務を課すと、生産者や販売者が原産地(獲れた海域名)や解凍・養殖の表示が多岐になり、表示ラベルの変更など作業性が悪く、経費も掛かることを理由に表示が免除されるとのことです。

生鮮食品については、消費者が食品の品質や鮮度を判断する上で誤るおそれがあるため、食品添加物を使用してはならないことになっています。

しかし、刺身の二点盛り以上になってしまうと、加工食品扱いの為、油脂や食品添加物が使われることがあります。

コストカットのため質の悪いマグロを仕入れ、美味しく見せるために赤い着色料、食感をトロっぽくするために事前に植物油に浸しておくケースがあります。

また、マーガリンのような容器に入った油脂を赤身に塗りこむと、脂がのったネギトロや、すき身を作り出します。

油脂は味をまろやかにするほか、乾燥を防ぎ照りを増す効果があります。マグロは酸化して黒く変色しやすく、油脂はそれを防ぐ適役なのです。

刺身用のイカやエビは皮や殻を剥ぐ時に旨味成分が飛んでしまうので、素材に合わせた合成旨味調味料が添加されます。

エビはすぐに色が黒くなってしまうため酸化防止剤は必須の添加物です。また、日持ち向上のために保湿剤も使われます。

まさか、刺身の盛り合せが加工食品なんて誰も思いませんよね。

ただ、店内で調理された加工食品には食品添加物が使用されていても表示義務がなくなってしまうんですよね...。


スポンサード・リンク
ところがお刺身の盛り合わせは、「加工食品」になるので、産地などは原則として表示しなくてもよいのです。単品では表示するのに、複数になるとしなくてよいとは、不思議な感じがします。

刺身盛り合わせに表示義務を課すと、生産者や販売者が原産地(獲れた海域名)や解凍・養殖の表示が多岐になり、表示ラベルの変更など作業性が悪く、経費も掛かることを理由に表示が免除されるとのことです。

生鮮食品については、消費者が食品の品質や鮮度を判断する上で誤るおそれがあるため、食品添加物を使用してはならないことになっています。

しかし、刺身の二点盛り以上になってしまうと、加工食品扱いの為、油脂や食品添加物が使われることがあります。


コストカットのため質の悪いマグロを仕入れ、美味しく見せるために赤い着色料、食感をトロっぽくするために事前に植物油に浸しておくケースがあります。

また、マーガリンのような容器に入った油脂を赤身に塗りこむと、脂がのったネギトロや、すき身を作り出します。

油脂は味をまろやかにするほか、乾燥を防ぎ照りを増す効果があります。マグロは酸化して黒く変色しやすく、油脂はそれを防ぐ適役なのです。

刺身用のイカやエビは皮や殻を剥ぐ時に旨味成分が飛んでしまうので、素材に合わせた合成旨味調味料が添加されます。

エビはすぐに色が黒くなってしまうため酸化防止剤は必須の添加物です。また、日持ち向上のために保湿剤も使われます。

まさか、刺身の盛り合せが加工食品なんて誰も思いませんよね。

ただ、店内で調理された加工食品には食品添加物が使用されていても表示義務がなくなってしまうんですよね...。


ところがお刺身の盛り合わせは、「加工食品」になるので、産地などは原則として表示しなくてもよいのです。単品では表示するのに、複数になるとしなくてよいとは、不思議な感じがします。

刺身盛り合わせに表示義務を課すと、生産者や販売者が原産地(獲れた海域名)や解凍・養殖の表示が多岐になり、表示ラベルの変更など作業性が悪く、経費も掛かることを理由に表示が免除されるとのことです。

生鮮食品については、消費者が食品の品質や鮮度を判断する上で誤るおそれがあるため、食品添加物を使用してはならないことになっています。

しかし、刺身の二点盛り以上になってしまうと、加工食品扱いの為、油脂や食品添加物が使われることがあります。


コストカットのため質の悪いマグロを仕入れ、美味しく見せるために赤い着色料、食感をトロっぽくするために事前に植物油に浸しておくケースがあります。

また、マーガリンのような容器に入った油脂を赤身に塗りこむと、脂がのったネギトロや、すき身を作り出します。

油脂は味をまろやかにするほか、乾燥を防ぎ照りを増す効果があります。マグロは酸化して黒く変色しやすく、油脂はそれを防ぐ適役なのです。

刺身用のイカやエビは皮や殻を剥ぐ時に旨味成分が飛んでしまうので、素材に合わせた合成旨味調味料が添加されます。

エビはすぐに色が黒くなってしまうため酸化防止剤は必須の添加物です。また、日持ち向上のために保湿剤も使われます。

まさか、刺身の盛り合せが加工食品なんて誰も思いませんよね。

ただ、店内で調理された加工食品には食品添加物が使用されていても表示義務がなくなってしまうんですよね...。


ところがお刺身の盛り合わせは、「加工食品」になるので、産地などは原則として表示しなくてもよいのです。単品では表示するのに、複数になるとしなくてよいとは、不思議な感じがします。

刺身盛り合わせに表示義務を課すと、生産者や販売者が原産地(獲れた海域名)や解凍・養殖の表示が多岐になり、表示ラベルの変更など作業性が悪く、経費も掛かることを理由に表示が免除されるとのことです。

生鮮食品については、消費者が食品の品質や鮮度を判断する上で誤るおそれがあるため、食品添加物を使用してはならないことになっています。

しかし、刺身の二点盛り以上になってしまうと、加工食品扱いの為、油脂や食品添加物が使われることがあります。


コストカットのため質の悪いマグロを仕入れ、美味しく見せるために赤い着色料、食感をトロっぽくするために事前に植物油に浸しておくケースがあります。

また、マーガリンのような容器に入った油脂を赤身に塗りこむと、脂がのったネギトロや、すき身を作り出します。

油脂は味をまろやかにするほか、乾燥を防ぎ照りを増す効果があります。マグロは酸化して黒く変色しやすく、油脂はそれを防ぐ適役なのです。

刺身用のイカやエビは皮や殻を剥ぐ時に旨味成分が飛んでしまうので、素材に合わせた合成旨味調味料が添加されます。

エビはすぐに色が黒くなってしまうため酸化防止剤は必須の添加物です。また、日持ち向上のために保湿剤も使われます。

まさか、刺身の盛り合せが加工食品なんて誰も思いませんよね。

ただ、店内で調理された加工食品には食品添加物が使用されていても表示義務がなくなってしまうんですよね...。


ところがお刺身の盛り合わせは、「加工食品」になるので、産地などは原則として表示しなくてもよいのです。単品では表示するのに、複数になるとしなくてよいとは、不思議な感じがします。

刺身盛り合わせに表示義務を課すと、生産者や販売者が原産地(獲れた海域名)や解凍・養殖の表示が多岐になり、表示ラベルの変更など作業性が悪く、経費も掛かることを理由に表示が免除されるとのことです。

生鮮食品については、消費者が食品の品質や鮮度を判断する上で誤るおそれがあるため、食品添加物を使用してはならないことになっています。

しかし、刺身の二点盛り以上になってしまうと、加工食品扱いの為、油脂や食品添加物が使われることがあります。


コストカットのため質の悪いマグロを仕入れ、美味しく見せるために赤い着色料、食感をトロっぽくするために事前に植物油に浸しておくケースがあります。

また、マーガリンのような容器に入った油脂を赤身に塗りこむと、脂がのったネギトロや、すき身を作り出します。

油脂は味をまろやかにするほか、乾燥を防ぎ照りを増す効果があります。マグロは酸化して黒く変色しやすく、油脂はそれを防ぐ適役なのです。

刺身用のイカやエビは皮や殻を剥ぐ時に旨味成分が飛んでしまうので、素材に合わせた合成旨味調味料が添加されます。

エビはすぐに色が黒くなってしまうため酸化防止剤は必須の添加物です。また、日持ち向上のために保湿剤も使われます。

まさか、刺身の盛り合せが加工食品なんて誰も思いませんよね。

ただ、店内で調理された加工食品には食品添加物が使用されていても表示義務がなくなってしまうんですよね...。


ところがお刺身の盛り合わせは、「加工食品」になるので、産地などは原則として表示しなくてもよいのです。単品では表示するのに、複数になるとしなくてよいとは、不思議な感じがします。

刺身盛り合わせに表示義務を課すと、生産者や販売者が原産地(獲れた海域名)や解凍・養殖の表示が多岐になり、表示ラベルの変更など作業性が悪く、経費も掛かることを理由に表示が免除されるとのことです。

生鮮食品については、消費者が食品の品質や鮮度を判断する上で誤るおそれがあるため、食品添加物を使用してはならないことになっています。

しかし、刺身の二点盛り以上になってしまうと、加工食品扱いの為、油脂や食品添加物が使われることがあります。


コストカットのため質の悪いマグロを仕入れ、美味しく見せるために赤い着色料、食感をトロっぽくするために事前に植物油に浸しておくケースがあります。

また、マーガリンのような容器に入った油脂を赤身に塗りこむと、脂がのったネギトロや、すき身を作り出します。

油脂は味をまろやかにするほか、乾燥を防ぎ照りを増す効果があります。マグロは酸化して黒く変色しやすく、油脂はそれを防ぐ適役なのです。

刺身用のイカやエビは皮や殻を剥ぐ時に旨味成分が飛んでしまうので、素材に合わせた合成旨味調味料が添加されます。

エビはすぐに色が黒くなってしまうため酸化防止剤は必須の添加物です。また、日持ち向上のために保湿剤も使われます。

まさか、刺身の盛り合せが加工食品なんて誰も思いませんよね。

ただ、店内で調理された加工食品には食品添加物が使用されていても表示義務がなくなってしまうんですよね...。ところがお刺身の盛り合わせは、「加工食品」になるので、産地などは原則として表示しなくてもよいのです。単品では表示するのに、複数になるとしなくてよいとは、不思議な感じがします。

刺身盛り合わせに表示義務を課すと、生産者や販売者が原産地(獲れた海域名)や解凍・養殖の表示が多岐になり、表示ラベルの変更など作業性が悪く、経費も掛かることを理由に表示が免除されるとのことです。

生鮮食品については、消費者が食品の品質や鮮度を判断する上で誤るおそれがあるため、食品添加物を使用してはならないことになっています。

しかし、刺身の二点盛り以上になってしまうと、加工食品扱いの為、油脂や食品添加物が使われることがあります。


コストカットのため質の悪いマグロを仕入れ、美味しく見せるために赤い着色料、食感をトロっぽくするために事前に植物油に浸しておくケースがあります。

また、マーガリンのような容器に入った油脂を赤身に塗りこむと、脂がのったネギトロや、すき身を作り出します。

油脂は味をまろやかにするほか、乾燥を防ぎ照りを増す効果があります。マグロは酸化して黒く変色しやすく、油脂はそれを防ぐ適役なのです。

刺身用のイカやエビは皮や殻を剥ぐ時に旨味成分が飛んでしまうので、素材に合わせた合成旨味調味料が添加されます。

エビはすぐに色が黒くなってしまうため酸化防止剤は必須の添加物です。また、日持ち向上のために保湿剤も使われます。

まさか、刺身の盛り合せが加工食品なんて誰も思いませんよね。

ただ、店内で調理された加工食品には食品添加物が使用されていても表示義務がなくなってしまうんですよね...。
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

お刺身盛り合わせは、生鮮品ではない!?エッ?お刺身に食品添加物が暗躍
刺身の一点盛りは生鮮食品、煮たり焼いたりしない刺身でも二点盛り以上は「加工食品」...
骨なし魚のカラクリ
骨なし魚を製造するのは大手水産会社をはじめ10社ほどで、魚種は、太刀魚、サンマ、...
何故安いのか?水産物の流通と食品添加物
昨年の年末だったと思いますが、生魚と食品添加物の関わりにつてとり上げて欲しいとの...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tenka99.com/mt/mt-tb.cgi/233

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

●一押しリンク
1.砂糖は現代の麻薬!?.com
砂糖は現代社会の麻薬のようです。 砂糖のとり過ぎは万病の元となり、心も体も狂わせてしまいます。 砂糖のとり過ぎで起こる可能性のある疾患は、糖尿病、低血糖症、リウマチなど膠原病、 子宮筋腫、月経困難、不妊、奇形出産、うつ病や不安障害等、 砂糖のとり過ぎに注意しましょう。

2.毒出し・デトックス健康法.com
毒だし・デトックスで健康維持・増進! 細胞レベルできれいに毒だし!病気とは無縁の人生を…

3.薬草のパワーと自然療法.com
薬草のパワーと自然療法、食養生で難病も治そう!お手当法や玄米自然菜食、食養生の実際や薬草、野草の持つパワーをご紹介します。副作用のない自然療法の卓効に注目!

4.マクロビオティック健康法ガイド.com
食養生が人生成功の秘訣!食がコントロールできれば、人生はコントロールできます。 マクロビオティック健康法で健康増進! マクロビは日本生まれの最先端食養生、無理なくデトックス、ダイエット若返りも出来ます。

5.ナチュラル・ハイジーンで健康革命、超健康.com
ナチュラル・ハイジーン(生命法則に基づいた食習慣、ライフスタイル)で健康革命、超健康を!

6.東京スカイツリー(新東京タワー)と電磁波健康問題
放送タワーや携帯電話などからの電磁波によるガンなどの健康問題が危惧されます。 育ち盛りの子供たちが携帯電話を常用すべきではありません。

7.子供すこやか食の安全・安心.com
子供の心身のすこやかな成長のためには、食の安全・安心が不可欠です。私たちが気付かされていない、知らされていない食品添加物や農薬の危険性、食育や食の安全・安心の盲点に迫ります。

8.新谷食事健康法で健康増進.com
よい胃相・腸相を保つことが健康の秘訣。胃腸内視鏡の世界的第一人者新谷弘美先生が勧める新谷食事健康法で超健康。30万例以上の胃腸内を診てきて40年間死亡診断書を書かなかった実績に基づく

9.ホリスティック・統合医療のすすめ.com
統合医療とは、現代西洋医学とそれ以外の東洋医学や代替医療、自然療法を個々の患者に合わせて統合的に扱う医療のことです。21世紀の医療、統合医療について第三者的にまとめました。

10.原発がどんなものか知って欲しい、原発の安全神話を検証する
原発は安全であると私たちは洗脳されていたようです。福島第一原発の大災害で原発安全の神話は崩壊しました。 原発がどんなものか、放射能・放射線の危険性、放射性廃棄物の処理などその安全神話を検証します。

11.自然療法が健康回復の近道.com
不健康な食習慣に主として起因するガン、高血圧、糖尿病などの生活習慣病は 対症療法が主体の現代西洋医学では不得手な分野です。根本的な治癒の為には、急がば廻れ、食の根本的改善を図る自然療法が近道です。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最近のフォト

  • 骨なし魚のカラクリ
  • 合成ビタミンC、飲んで健康になるか?
  • 安い厚焼き玉子には出目が分からない「冷凍液卵」を使用されている...
  • ビーフジャーキーはあらゆる添加物で作られた合成肉
  • ミートボール、肉団子もソースも添加物のオンパレード
  • ウィンナー、食卓に載せるのは程々に
  • 食品添加物の表示のルール
  • 食品添加物の表示免除について
  • 食品添加物の種類、品目数

プロフィール

kumano01.jpg


【名前】K.Kumano

【関心】食と健康&自己実現の希求

【AGE】 62歳

【経歴】大阪大学工学部卒

・石川島播磨重工業㈱勤務後、故郷の北陸福井にUーターン

・県内の染色系企業を経営するが、事情により企業から離脱

・『食と健康、食と子供の非行等』との深い関係に関心を持ち、2007/6~2008/7の間、クシマクロビ・スタンダードコースを北陸福井から大阪まで通い受講する。

・欧米化され過ぎた現代の日本食に警笛をならし続けている。

お問い合わせメールフォーム
FX人気ランキング